憧れのぱっちり目を手に入れて、自分らしく明るく生きよう

サイトメニュー

埋没法の特徴と料金

注射器

埋没法が人気な理由とおすすめの施術

二重整形による埋没法が女性に大人気です。お値段自体も貯金をしたり、医療ローンを組んだりすれば、手が届かない費用ではないです。そして、何よりぱっちりした綺麗な目が、数年以上保つことができます。埋没法とは、まぶたの裏を糸で縫い二重を形成する手術です。使用する糸、何ヵ所留めるかで値段や維持できる期間が変わってきます。埋没法で二重にする方が、一番多く選んでいるのは、スタンダードの糸を使った二点留め、あるいは三点留めです。費用は、両目で約20万円程です。症状にもよりますが、奥二重の方がこちらのスタンダードの三点留めの手術を受けた場合、大体2・3年は持つようです。更に頑丈な糸を使ったものであれば、もっと状態が長持ちします。ダウンタイムは、1日目は目が開けづらく腫れることがあります。内出血が出ることもありますが、1週間程で落ち着くので、美容整形の中では比較的ダウンタイムが少ない方です。また、最初の数日以降は、メイクで隠せるので外出をしてもほとんどバレることはありません。切開とは違い、ダウンタイムが落ち着くのが早いのも、埋没法が人気の理由です。1週間ほどであれば、有給や学校休みを利用すれば、手術を受けられるのも魅力の1つですよね。
美容整形の広告で表記されている二重整形の金額は、最安値のコースの金額の可能性があります。もちろん、安いことは嬉しいのですが、一番安い糸は、切開を希望する患者さんが、お試しで仕上がりの具合を確認するために、つけることが多いです。この糸は、クイックと言われる糸です。一番安い糸なので、取れるのも早いです。ですので、埋没による二重の整形を考えている方は、それ以上の糸を選ぶことをお勧めします。また、糸を留める回数もまぶたの皮膚の厚みや、脂肪の量で決まります。これらはカウンセリングで、患者さんに合う、二重の手術方法を教えてもらうことができます。元々一重や奥二重の方は、一点留めではなく、二点留めか三点留めをした方が安定した幅を維持できます。脂肪が多い場合は、別途、脂肪吸引が勧められることもあります。その患者さんに本当に必要なのか、どうしたら綺麗な二重にできるかを真剣に提案し、不安を解消してくれる病院が不可欠です。費用は、安さや高さはあまり重要ではなく、きちんと満足のいく結果になるかが重要です。費用は、大体のどのくらいかかるのか頭に入れておくぐらいでいいでしょう。カウンセリングを受けると、実際にかかる費用は、かなり違ったりするので、確認は必須です。予め口コミや症例写真を見て、病院の評価や手術の上手さを調べておくと、良い先生に出会うことができますよ。